当店の魅力

しみ抜き

クリーニング店にとっての社会的使命というと少し大げさかもしれません。でも当店にはもう一度綺麗にしてほしいという皆さんの大切な一着が持ち込まれます。そうです。クリーニング店にとっての使命は、「キレイにしてもう一度気持ちよく服を着るお手伝い」です。
私はクリーニング業に携わって20年が経ちました。当初は先代の父の姿を見ながら日々作業を繰り返していました。 日々の業務の中で感じたこと、それは、「もっときれいにしてお客様に喜んでもらいたい!」という想いでした。 それから、私は同業者の有志で作るクリーニング技術研究会に参加させていただき、素材と薬品の関係性という原理・原則に基づいたクリーニングとメンテナンス、しみ抜き技術を学びました。 それからというものついついつけてしまった食べこぼしの汚れ、クローゼットに閉まっていたら黄ばんでしまったお気に入りの一着などをきれいに復元することができるようになりました。
おかげさまで多くのお客様から「また、着ることができてうれしかった」と、喜ばれております。 シミがついてしまったらどうぞ、ご相談ください。

しみ抜き事例 Before / After

仕上げ技術

ドイツファイト社製のアイロンテーブルを導入したこと、またスーツの仕上げ技術を学び、立体的で美しい仕上がりを体感していただけるようになりました。
クリーニング店での一般的な仕上げ方法は、シワを伸ばすことを目的としたものです。つまり、シワを伸ばすだけでは洋服が本来持つ、立体的なシルエットを復元することはできません。たとえシワが伸びてはいても型崩れを起こしたままの洋服を着用することはお客さにとってもクリーニング店にとっても不幸なことかもしれません。

スーツの立体的な仕上げ

立体的な仕上げとは形の崩れたスーツを一つ一つアイロンを使った手作業で立体的に仕上げる方法です。 型崩れは使用しているうちに重力等がかかり立体感のあった個所が伸びきってしまうことを指します。そこで洋服の構造を考えつつ伸ばすところは伸ばし、縮める箇所は縮め、元の立体的なシルエットを復元していきます。これは、洋服の構造をしっかり理解していることはもちろんのこと熟練していなければできない作業です。 当店では紳士服をメインに縫製仕上がり後の製品、仕上げプレスを行い量販店、百貨店様に出荷をしているスーツ仕上げのプロの方より、プレスの技術を教わり、クリーニング仕上げに活かしていますので、もし、「スーツを買った時のような立体的なシルエットに復元したい!」ご希望がありましたら是非一度お試しください。

ワイシャツのこだわり

クリーニング店に持ち込まれるアイテムとしてダントツに多いものがワイシャツでしょう。 ビジネスシーンで男性が着用するものですが高温多湿な日本では綿でできているこの製品に糊をつけてパリッと形を保持する仕上げ方が好まれてきました。 近年では化学繊維の混紡製品も多くなり着心地に求めるニーズも多様化していると思います。 当店では、汚れやすい襟は洗う前に中性洗剤を塗り、きれいにするためのひと手間をかけています。 そして、50℃の温水と、それに適した洗剤、助剤、漂白剤を加え、汚れをしっかり落とします。また、EM菌も使用していますのでたばこ臭、体臭等の消臭効果が非常に高く、好評をいただいています。 糊を纏わせたシャツは最後にプレス機を当てて仕上げていきますが細かなところはアイロンを使って熟練職人が丁寧に仕上げていきます。

無料集配

お電話いただければ、無料で集配に伺います。 現時点では通常集配エリアでは無料で行っていますが、エリアを拡大した際には集配料金を定めたいです。
例えば500円以下のクリーニング代の際は500円の集配料がかかるなど

布団など
高齢者
忙しいあなた
会社関係やお店の制服